2014年9月25日木曜日

次女U6検診

9/25

次女の1歳検診がありました。身長76cm、体重9830gと順調に育っています。あまり気にして見た事ないけれど、ちょうどドイツの女の子の平均あたりのようです。



人好きな次女は、いつもならドクターにフレンドリーなのに、今日はパパも一緒に行ったら『プリンセス』になってしまい、パパに泣いてすがっていました。

ドクターもこれが『プリンセス(化)』だと言う事がよくわかっていて、あーあーやってるやってるハハハ、と言った感じ。こんなに小さい時から、女の子って異性に対して自然とぶりっ子態度を取ったりするんですよねー。

これがママから見ると、めんどくさ(反面、パパはまんざらでもないと思う)!!!あまりにもプリンセスちゃんなので、パパを連れて来ない方がよかった、、、なんて(半分本気)。

1歳を過ぎたら、パパ大好きになってきて、早くもパパを見る目がハート形になっています。夜中に何度もおっぱいあげているのはママだよ、マーマ。

2014年9月21日日曜日

パムとケロ シリーズ/ 読み聞かせえほん雑誌 おひさま

ミュンヘンの日本図書館で毎週プレイグループの後に、本10冊、雑誌2冊、DVD1本を借りてきて読み聞かせているのが(あ、でも10冊のうち3冊くらいはママのマンガ・・)、段々と長女の身になってきているようでうれしいです。本を読みながら、この単語はドイツ語だと何?と確認すると、意外とわかっていたりして。やはり娘達とは、将来日本語で話したいので、語彙が増える事を願って、続けていかないとと思います!

このバムとケロ・シリーズ、この図書館で初めて知ったのだけれど、絵がとってもかわいくてママのお気に入り。と思っていたら、本返却の際に「この絵本当にいいですよねー」と担当の方に話し掛けられました。
『おひさま』という雑誌も知らなかったのだけど、娘が気に入っています。特に、DVD中のJA共済交通安全シリーズ『おまちばあちゃんのちょっと、おまち!』が大好き。これは自転車で幼稚園に通う長女に、交通安全を言い聞かせるのにもおお役立ち。NHK子供向け番組は全然見たがらなかったけど、このおひさまのDVDは何度も見たがり、TVから日本語や文化を学ぶ事もあると思うのでよかった。

それにしても、補習校には、アウグスブルクやレーゲンスブルクなど車で1時間〜1時間半かかる所から通っている人達もいるそうで、頭が下がります。。。補習校は朝9時始まりって事は、子供のお弁当を作って、家を出るのは何時?

2015 オクトーバーフェスト

いよいよ今年もオクトーバーフェストのはじまりはじまり〜。
土曜日はプレイグループなので、日曜日に娘2人を連れ、3人で行って来ました。

6月にかなり大きめで買った民族衣装がピッタリになっていて、びっくり。
次女も民族衣装を着ているよ。
クルクル踊りながら、ポーズを取りながら、口を真っ赤にしながらレーブクーヘンをほおばる長女。めまぐるしい。

去年は娘の出産で行けなかったけど、今年は乗り物などの遊園地が3倍くらいに拡大していた気が。今日は長女はこのお祭り騒ぎに圧倒され、乗り物に乗りたがらなかったので見て回るだけだったけど、雨にも降られずに、3人でオクトーバーフェストの雰囲気を楽しみました!

2014年9月20日土曜日

ハロウィンの飾り付け

9/29

飾りものはあまり買わない我が家ですが(狭いので・・)、壁にかけられるものならよし、とされているところがあります。。


で、ついつい、こんなの買っちゃった!

2014年9月19日金曜日

毎日ブランコ

9月半ばから秋晴れが多く、幼稚園の帰りは毎日ブランコで遊んでから帰宅。

ジリジリと暑い日には、アイスも食べちゃったり。

次女も1時間近く平気で籠ブランコに乗っています。最初の頃は30分以上は乗り過ぎかしらと思ったけれど、心配しておろすと泣いて怒るから平気みたい。
冬になる前に!と思って、できるだけ外で遊ばせているけれど、ドイツでは冬でもかなり外で遊ぶから、ママは毎日がんばらなくても・・・と自分で思ったりする。でもやはりこの太陽は貴重です。

暑くても秋だなあと思うのが、16時過ぎると途端に冷えてきて、どんどん暗くなっていく。寒くて暗くなると、お家に帰る幸せを実感しますね。

次女1歳のお誕生日♡

次女が1歳になりました♡
娘のお誕生日前は、だいぶ前から私の方がソワソワしてしまいます。

長女の時は何もかもが大変な中に過ぎ去った1歳のお誕生日だったけれど、次女の方は私に余裕がある分感慨深く。

次女も文字通り、”24時間ママにくっついておっぱいにぶら下がっている”のに、来月から保育園に行ったり、もうすぐ歩けるようになったり、あと数ヶ月で自然卒乳したりするんだろうな、、、と思うと成長がうれしい反面、やはりさみしくもあり。

1歳から2歳にかけては、ものすごい成長が見られる時なので、これからの成長も本当に楽しみ。いろいろな事を吸収し、毎日健康で幸せに過ごしてくれる事を願っています☆

我が家では、朝一の起き抜けにケーキのロウソクを消す習慣があるので、前夜に準備。
1歳〜☆
皆が帰宅し、お茶の時間から誕生日パーティー開始♪
ケーキの後はプレゼント・タイム!
プレゼントは次女が好きそうなものをあれこれ。まずは窓に貼るスティッカーと、壁に貼るスティッカー。
いちごのお帽子、長女とお揃いの蝶蝶モチーフのヘアバンド、ブレスレット代わりの髪ゴム。サラサラと音がするリリフィーの星付き鉛筆は、お姉ちゃんが選びました。
ばあば&じいじからは、プリンセス絵柄のWMF食器セット。発色がとても良くて気に入りました。ドイツってかわいいモチーフが少ないけれど、このディズニーの白雪姫はカワイイ♡

2014年9月17日水曜日

レゴ できた!

1歳のお誕生日の2日前、突然レゴをはめて遊びだした次女。もう壊したり、取ったりするだけじゃないんです!

自分でもはめられたのがわかるみたいで、喜んでいました。

1歳を前に、突然色々な事がわかってきたみたいで、その変化に夫と共に驚いています。長女の時もそうだったけれど、子供の成長って、ある日突然!なんですよね。

子供がどんどん育っていくと、ちゃんと目に焼き付けて、もっと子育てを楽しまなきゃって思います。

2014年9月15日月曜日

rainbow loom

夫が3月にアメリカに出張した際に大ブレイク中で、買って来てもらおうかと思ったレインボールーム。その時は、娘にはまだ早いかなと思ってやめたけれど、我が家には9月になってから上陸しました。

娘が幼稚園のお友達からゴムと留め具を少し分けてもらい、家でも何度も練習していたので、その一生懸命な様子を見つつ、これは本当に欲しそうだと思い買ってあげる事に。


夫はゴムをひっかける台やピンセット等がジャーン!と揃ったセットを買おうとしたけれど、私は「ちょっと待った」。

これは本来、ゴムさえあれば出来るもの。なのでゴムだけ買えばいい、と私(幼稚園でも、色々な編み方ができる台は誰も使っていない)。見ていると、ゴムをひっかけるのが3歳の指にはまだ難しいようなので、ピンセットのようなものは買ってもいいかな、くらい。

台はあるに越した事はないけれど、なければないで、自分で考えて、あるもので工夫して欲しいのです!(本当はセットを与えちゃった方が、『ママ、ここ押さえてて』とか『ここ引っ張って』など毎回聞かれないので、楽なんだけど・・)

全部整えられた環境で、はいどーぞって言うのは、工夫しようとする脳細胞を育てないのではないか、と。

で、指の変わりに細めの色鉛筆を使っています。

それにしても、一人黙々とやるのではなく、ひとめ編むごとに激しく踊ったり、踊らないかと思ったら、ひとめごとにどのくらいの長さになったか腕に回して確認しよう、と言われてしまうので(ひとめくらいでは変わらないよ、と言っても無駄)、ママもしっかり巻き込まれます。

こういうのが出来るようになったんだーと感心したものの、長女が完全にひとりで遊べるようになるのには、まだまだ先?

その横で、次女は黙々と、ひとりで遊んでいる・・・

2014年9月11日木曜日

お友達の家へ

娘が3歳を過ぎたら、お友達というものの存在がとても大きくなってきたような気がします。

今まで長女はあまりお友達と交わるタイプではなく、保育園や幼稚園で毎日顔を合わせている慣れ親しんだお友達としか遊びたがらなかったのに、どんどん人見知りがなくなってきました。

娘の事を小さい時から知っているママ達は、お家に遊びに行っても自分の部屋に閉じこもったりしてたのにね、なんて、この変化に驚いたりします!

今年の夏休みは、Oma & Opa家から戻ってからは、お友達の家に遊びに行ったり、家に来てもらったりして、なるべく機会を作って子供同士で遊ばせるようにしました。

お友達の家に行くとビックリするのが、皆ものすごくたくさんのおもちゃを持っている。。我が家は、お誕生日や季節の行事の時しか買わないようにしているので、お友達のおもちゃの1/10くらいかも。ちょっと少な過ぎでかわいそうかな?と焦るくらい。

最初のうちは、お友達が遊びに来てくれる時に、気に入るおもちゃがあるかな?と思ったりしましたが、実はこのくらいの年齢だと、色紙と色鉛筆とハサミが一番重要だったりします。あとはお庭。

これからも、なるべく声を掛けたり、掛けてもらったりして、遊ぶ機会を作っていきたいと思います。私もお宅拝見が楽しかったりして。

でもやはりお友達が、Fillyのフィギュアをたくさん所有していたりすると、「XXちゃんはたくさん持っていた」というのを覚えているみたいで。だからと言って、自分もたくさん欲しい、とは今の所言わないけれど、今後どうなのかな。

物が溢れるこの時代、物を大切にする子になって欲しいという意味で(さらには、自分で創作したり、工夫したり・・)、おもちゃの数を制限しているのだけど。このやり方がよいのかは、親の方もわかりません(買わないでいる方が難しいのよ)!!

写真は、次女を抱っこするのが大好きな長女。
ベットから降ろしたり、ご飯を食べる高いイスから降ろしたり、抱っこしたまま次女をママの所まで連れて来てくれたり・・・パパは危ないからダメと言うけれど、もうあまりにも抱っこしたがるので、私はやりたいようにさせている。次女の方は、半分は楽しんで、もう半分は嫌そうな声を出しているけれど、、。
お姉ちゃんにされるがまま、の次女(髪のピン留め)。

2014年9月10日水曜日

保育園の顔合わせ会

9/10

今日はビアガーデンで、10月半ばから次女が通い始める保育園の顔合わせ会が、Menterschwaigeのビアガーデンでありました。

次女の担任は、長女の時の先生が是非次女も、と言ってくださり、子供を恵まれた環境で預けられると言う事がどれだけ大切な事か学んだ私達にとっては、本当に有り難いことです。

次女と私はまた先生に会えるのを楽しみに、そして先生の方も次女に初めて会うのを楽しみにしてくれていたようで、お互いに再会に感激☆

いつもはお姉ちゃんの用事で出掛けるけれど、今日の主役は次女の方!
 まだ歩けないのに、一人で傾斜したアスレチックの上までよじ登る次女。
お姉ちゃんに抱えてもらいながら一緒に滑る滑り台も大好き。この子もきっとアウトドア派。

たくさんの赤ちゃんに会ったからか、家に帰ってからも興奮覚めやらず。翌日まで興奮状態で、こんな次女を見るのは初めて。長女のプレイグループに付いて行ったり、家で赤ちゃんと遊んだりするのともまた違う反応で、まるで自分が行く保育園の集まりと言う事がわかっているかのようでした。

この様子をみて、13ヶ月で保育園に行き始めるのはちょうどいいタイミングかもと安心しました。最近、家の遊びだけでは少し物足りなくなってきたような気もするので。

1歳くらいから保育園に入れると、早いね〜と言われる事もありますが、我が家では仕事復帰したいから保育園に預けるというよりも、歩き出す頃から保育園でいろいろな遊びをして楽しんで欲しいという気持ちで、1歳から入れています。そして私は、預けるからには働いていないといけないので(働いている人優先で園に入れられる)、半日働いているという感じ。義母が保育士をしていた事があるのと、私の親友が保育士で、早いうちから通わせ集団の中に入れた方がいいという考えも少し影響しているのかも。でも私の母は、早過ぎると思っているかもしれない。。

実際、ミュンヘンに両親や親戚がいないので、預けられるのはとても助かるし、1歳を過ぎて歩けるようになる頃から、段々と私との遊びもマンネリ化してきて、ママといるだけでは物足りないかも・・と思う事があるので、保育園で音楽やダンス、工作やお庭遊びをさせてくれるのは助かります。家に帰って来たらママと遊ぶし、パパが帰宅してからはパパにべったりだろうし、夜は授乳&一緒に寝たりで、一緒に過ごす時間はちゃんとあるし。ママの方も自分の時間が出来る分、メリハリ付けて子供との時間を楽しむつもりです☆

小さい秋

9/10

毎日のように、松ぼっくりなどを拾って、それらを大切に持って帰って来る長女。私も幼い頃、どんぐりとか拾うの好きだったな〜。

冬までにたくさん集まるだろうから、これらをたくさん使ったアドヴェント・クランツを作りたいと思っています。

今日の収穫は、とっても可愛らしいミニミニ・セットでした!

2014年9月5日金曜日

ノイハウスのチョコ

金曜日って、小さなご褒美を買いたくなる・・・仕事もしていないし、何のご褒美ってワケでもないんだけれど。

NeupelachのPEPに行ったので、食後のデザート用に久しぶりにノイハウスのチョコを。
夫に3つずつね!と言ったら、もちろん全部半分ずつ!と言われた。どれも味見したいというジョシみたいな夫です。

見た目が美味しそうなのがたくさんあって迷っちゃうけど、結局いつも『N(写真一番左)』が一番美味しいんだよね。

2014年9月2日火曜日

Brombeeren(ブラックベリー)狩り

9/2

Oma&Opaとお散歩している時に、野生のブラックベリーを食べたのが美味しかったようで、ブラックベリーを食べたいと言い出した長女。

8月の終わりから早くも秋を思わせるような寒陽気に変わり、もう夏も終わりだねーと話しつつも、ふと、もしかしたらまだやってるかも?と、幼稚園の後にブラックベリー狩り(火曜日のみ)に行ってみました。

しかし行ってみたら、ブラックベリーは木がダメになってしまったとの事。キノコが生えてしまったから、食べないようにとの事でした。プロでもそんな事があるんだ。

変わりにブルーベリーを狩ったけれど、旬の頃とは違い、かなり味が落ちていて、夏の終わりを実感せざるを得ませんでした。


今年は、苺・ブルーベリー・ラズベリー・ヨハネスベアーはスーパーではほとんど買わずに、全部自分達で狩ったな。狩りものは夏の楽しみ。

9月に入ったばかりだと言うのに、早くも秋の訪れを感じるミュンヘン。

秋の楽しみは何かな。