2013年9月19日木曜日

帝王切開、痛いのはわたしだけ?

帝王切開が痛い痛いと連呼しておりますが、私だけなのかも?

2度目の帝王切開は、1回目に切った所と同じ部分を切るのだけど、1回目の13cmくらいの傷は今回15−16cmくらいに伸ばされたと見え、その2−3cmの追加部分が、肉があまりない筋肉の部分に差しかかっている感じなんです!だから、足を動かすたびにその追加部分がギリギリと痛む。。。

その傷と言うのも、随分と下の方にあって、どんなに小さいビキニでも着られそうな位置。極小ビキニなんて着なくていいから(と言うか、絶対に着ない)お腹がぷよぷよしている部分を切ってくれたら、ここまで痛くなかったんじゃないかなあ、と思うのです。

そしてこの傷の位置と言うのも、2回目に病院を変えた事で、随分下にあると言う事が発覚(それまでは、今の時代はこうなのね、と思っていた)。診察するドクターが何人も珍しそうに、「随分下の方だねー」と言うのです。

そして、いよいよ切開!の段階で、手術を行う大先生が登場してきて最初に指摘したのがコレ。この傷を見て、看護婦さんに「前回どこの病院でやったんだ?」と怒って質問しているのです。私、下半身麻酔だから、やり取りが全部聞こえるんですけど・・・それに一応、少しはドイツ語わかるんですけど・・・

1回目の帝王切開は20分くらいで終わった感じだけど、2回目は1時間以上かかりました。2回目の方が前回の傷をたどっていくからか(もしくは、切開の場所が随分と下にあるからか、、、)大変みたいです。

帝王切開の予定がある方は、切る位置の打ち合わせもドクターとしておいた方がいいかもしれません。

義母が持って来てくれたお花。