2013年9月29日日曜日

母の滞在

義母と入れ替わりで、9月29日から10月21日までの3週間、母が日本から手伝いに来てくれていました。

なので私は、上の娘の幼稚園のお迎えや世話、お料理、掃除、洗濯、買い物などの全てを母に任せ、帝王切開の傷をゆっくり徐々に治していく事ができました。産後3週間までは、メールやTV、インターネットなどはほとんど見ず、新生児との時間を大切にする事と、休養に専念。赤ちゃんの隣りでお昼寝をしている時が最高に幸せで一番好きな時間です♡ 肉体的にも精神的にもこんなにゆったりとできたのも、母と義母のおかげ。今回の出産では、2人にすっかり甘えてしまったけれど、本当に感謝。助けてくれる家族がいるって心強いし、とてもありがたいことです。

加えて、2人目と言う事で自分にも1人目の時にはなかった余裕が。
最初から大変と思う事がなく、新生児の顔を見ているだけで幸せな毎日。1人目の時は大変過ぎて、かわいいと思う余裕さえもないくらい、毎日が一生懸命で過ぎたけれど、今回は余裕がある分、ただただかわいくて仕方がないです。それと、上の子と2人で戯れている姿を見ると何とも言えない幸福感に包まれます♡ 
夢だった2人の子供を授かる事ができて本当にうれしい。



日本から持って来てもらった美味しいお土産たち(ほんの一部)。
聘珍楼か萬珍僂の肉まん・あんまん。日本へ行き、ドイツに戻る時もいつも持って来ます。旅行の後は忙しいし、時差ぼけで起きてしまった時なども手軽に食べられるので重宝です。
両親がとらや工場見学に行って来たので、まさに工場直送。
最中が絶品!