2016年12月9日金曜日

イタリアからの直送食材

イタリアの食材屋さん、最近ミュンヘンでのビジネスを拡大させているようで、ネットでオーダーできるようになりました。配達もリング2以内であれば、配達料金3ユーロ。http://www.jescesole.eu/it/

最初は口コミで広まり、連絡があった日時に取りに行っていたのが、その後配達に変わり、その次はネット・オーダーが可能に。

便利になった分やはり、価格が高くなってきたり、傷んでいたものが入っていたなどの声もチラホラ。同じ品物が、EATALYよりも価格設定が高かったりしたら、ちゃんと伝えるのよ!と友人のイタリア人夫妻から言われました。

土から管理されている食材が多いので、安心ですね。ただ、購入単位が多いので、誰かとシェアするのが適当。オレンジ10kgは、友人とシェアしてちょうど良かった。

イタリア人奥さんのおすすめは、トマトピューレ。アーモンドがたくさん入ったTaralliも、この辺りではここでしか見かけないそうです。

一度グリーン・オリーブを買ってみたら、これがオリーブ?と言うくらい、手作り感があって美味しかった。例えて言うならば、日本の漬物の浅漬けのような感じ。スーパーなどで瓶にどっぷりと漬かっているのとは全然違う味覚でした。

12月はBufalaもありますね、これは冷蔵庫に入れてはいけないそう。なので、配達当日に食べないといけない、超生ものです!

今回はナポリ・ブロッコリーと言うものにひかれて買ってみました、1KG!イメージ通りの味で、ほろ苦さがたまらない。ニンニクを効かせて塩胡椒で炒めるだけのシンプルが一番(と言うか、それ以外のナポリ・ブロッコリーの食べ方を知らない)。日本のピーマンや春菊のように苦味のある野菜って美味しい、ドイツではLoewenzahnで、この味を出せるかな。
今年の夏にすこーしの自家製リモンチェロを大量の炭酸水で割るのにハマったので、シチリア産BIOレモンが出るのを待ち望んで、またリモンチェロを作りました。前回のは美味しくてあっと言う間に終わってしまったため、今回は豪快にレモン5KG弱にウォッカ2本。
お酒に弱い私には、割ってちょうどいいのだけど、せっかくのリモンチェロをそんなに水で割って味するの?と(お酒に強い)姉には言われます。その横で、ABSOLUTはそんなにいいVODKAじゃないよ、もっといいやつ買えば?と夫に言われ。。。え、そうなの?