2013年7月20日土曜日

Waldhaus Deininger Weiherの湖で泳ぐ

7/20

真夏日の週末、ドイツに来て初めて湖で泳ぐという’ヨーロッパらしい’体験をしました。そうしたら、もうやみつき。

海とも違う、川とも違う、プールとは全然違う、、、何て爽快!他と何が違うんだろう?と考えてみると、木々に囲まれ清々しく爽やかなのかなと。うまく表現できないけど、目や頭がスッキリして、色々なものがカラフルに見えてくる感覚です。

この日は、家から車で25分くらいの所にあるDeininger Weiher湖へ。ちょっと沼、という感じも。
Waldhausレストランが併設されているからか、意外にも各所にシャワーやトイレ完備(駐車場も無料)。
しかし考えてもみなかったのが、湖の水は冷たい・・・最初はかなり気合いが必要。そして、1度水から上がって日光浴してしまうと、また気合いの入れ直し。水が冷たくてお腹が少し張ってしまったのもあり、私は2度目に入るのはやめておきました。
娘と夫が泳ぐのを見ながら久しぶりの日光浴を楽しみ。娘は泳ぐのが楽しくて大喜び。あひるを追いかけていました。
しかし、娘をもっと自然の中に連れて行って鍛えないと、と思ったのが、ちょっと手や足が汚れただけで騒ぐ。芝生や土が付いただけでも、拭き取るまではほうっておけない性格。これはまだ言葉があまり話せないくらいの時からそうで、食事の最中でも手に何かが付いたら、直ちに拭き取らずにはいられない。ジュースなどを床やソファーにこぼした時、自分でぞうきんを持って来て、すぐに拭いてくれるのは助かるけど・・
そして、持って行ったゴザの上に座る時は、教えてもいないのに(!)タオルを敷いて、その上に座る。パパにはゴザに直に座ればいいって言ったその横で(荷物が多く、タオルの数が限られているため)、ちゃっかりタオルの上に座っている娘。

お昼はレストランのビアガーデンで、湖を見ながら。
うっとり水を見ていると、すぐそこに、泳いでいる人の頭がニョキっとあったりして。
ロールキャベツ。私が自分で作るロールキャベツはキャベツがぐるぐる巻きにしてあるけど、ドイツのロールキャベツは肉の方がメインという感じ?ボリュームがすごいので、途中から夫のプレートと交換。
素材が新鮮で、なかなかおいしいレストランでした。

ここの湖は、家から遠くないのと、設備が整っているのと、お食事がおいしいので全体的に快適。

Deininger Weiher
http://www.waldhaus-deiningerweiher.de/index.php?page=de_spezialmenues