2013年5月10日金曜日

娘とAuer Dultへ

5/1

祝日の今日は、新しく買った娘の2段ベットを組み立てたり、おもちゃや洋服の整理をしていて、めずらしく朝からずっと家の中にいたので、おやつに家の近所にできたフローズン・ヨーグルト屋さんへ。そのアイス屋さんのすぐ前から、Auer Dultまで直通バスが出ているので、そのままバスに飛び乗りMai Dultへ。夫は花粉症がすごいので家でお留守番。

Auer Dultは通称、骨董市、キッチン市、そして子供向け乗り物や屋台もたくさん出ているので、ぷらぷらお散歩しようと思っていたら、娘が『あれ乗りたい、これも乗りたい、もっと乗りたい』と言い続け、結局乗り物三昧。去年10月のオクトーバーフェストでは、赤ちゃんでも乗れる機関車でもビービー泣いていたのに、2歳になった途端にいろいろな事が変わりました。

娘の外遊びの中で一番好きなのがブランコ。とは言っても、これは動いた途端、怖がって泣きだすんじゃないかなあ?と心配になったけど、万が一泣き叫んで暴れても、お腹のベルトが取れなそうなのを確認して乗せて見る事に。そしたら泣くどころか、片手を離してママに手まで振っていたので、私の方がハラハラしてしまった。
次はゴーカート。これはママと一緒に乗ったけど、後ろから激突されるので、こちらの方がブランコよりもよっぽど危ない。首の衝撃を和らげるため、娘を全体的に抱え、人をよけるようにして運転
最後はメリーゴーランド。どれに乗りたい?と聞くも、「Motorrad」と即答。パパの影響でバイク好きな娘、これはこれで将来本物のバイクに乗りたいなんて言い出さないか心配(ティーンでアメリカに行こうが、何をするにもダメと言った事がない私の父が、バイクだけは危ないからダメと言っていた事もあり、私も消極的。)。
やっと安心して見ていられると思ったら、終わった途端(これから乗るのと間違われて)係りの人から「この乗り物は4歳からだから、この子にはまだ小さ過ぎ」と言われました。えっ、この一番安心なのが4歳からって事は・・・前の2つは?
乗り物が止まった途端に、毎回もっとーもっとー攻撃が続き、お散歩どころではなかった。最後はしっかり「ハート(レーブクーヘン)が食べたい」と、乗り物から食べる方に要求がうつり。青色の♡を指定。

私もお祭りっこでお祭り大好きだったので、たまのお祭りは娘を思いっきり楽しませてあげたいと思う。週末にもう1度、今度はパパも一緒に来よう!