2013年2月17日日曜日

ドイツ博物館交通館(Deutsches Museum Verkehrszentrum)


2回目のドイツ博物館は、鉱山に関するもろもろの展示とキッズルームに行ってあっという間に終わりました。鉱山の展示は、まるで本物の現場にいるかのような凝ったつくりで、始終関心させられっぱなし。博物館の地下を1時間弱ぐるぐる回っていたので(コースは途中で中断できないので注意。突き進むしかない。)、依然として博物館の展示は制覇できていません。まだ1階より上に足を踏み入れてもいない!

が、今週末は気分を変えて、別の場所にあるドイツ博物館の交通館(Deutsches Museum Verkehrszentrum)の方に行ってみました。ここも年間パスで入れます。とても広い館内に、考え得る限りの乗り物が展示されていて、ここに無い乗り物は無いんじゃないか?と思うくらい。

娘はもちろんの事、娘と私がベンチで休んでいる間もひとり熱心に展示物を読んだりして、夫もかなり楽しんでいました。


娘は今日は自分のカメラを持参。なかなかサマになってる!
ガラガラに空いている館内でも、ここだけは常に2人くらい順番待ち(パパが手でアクセルを押している)




BMWのこのデザインが気に入った。かっくいー


Deutsches Museum Verkehrszentrum