2012年11月12日月曜日

Abercrombie & Fitch in Munich

11/12

Abercrombie & Fitchがついにミュンヘンにオープン!と言う事で、平日の会社帰りに行って来ました。

オープン当日は長蛇の列。(写真『www.sueddeutsche.de』より)
建物の構成や、音楽がガンガンな所、そしてむせるほどのコロンという所はNYと一緒。ミュンヘンの場合はそれにプラスして、真っ暗な空間に間接照明のみ!商品を見るどころではありません。
私のおばあさまに怒られそうだけど、もう自分は若くない・・・と思うのはこんな時(おばあさまの教え=年齢の事をマイナスに口にしてはいけない。気はいつまでも若くいなくてはダメなのです!)。
ドイツ人、と言うか、おしゃれなゲイの方達が好みそうな空間。壁の絵とか。さすがミュンヘンです。
入り口からしておしゃれ。Abercrombie & Fitchの看板とか一切ありませんから。
そう言えば、実家近所のお金持ちさんが有名建築デザイナーに設計してもらったというお家も表札やポストがなかったな(郵便や宅急便が困らないだろうか?)。外観が損なわれるらしいです。
毎年恒例、Kauhofのクリスマス・ショーウインドウ。今年は例年に比べて作りや小物が大きめで、スッキリ見やすい気が。ふと、マリエン広場を見ると、クリスマスマーケットのシンボルである巨大ツリーを設置中。わくわく♪