2012年8月19日日曜日

お掃除ロボット iRobot Roomba 780



晴れの日は、保育園でもお庭でも、娘が大好きな滑り台やお砂場でめいいっぱい遊べるのでうれしい。だけど、家の中はジャ〜リジャリ。でも掃除機をかけるのは、時間的にも体力的にも、週に3度が限度。。。

以前、putzfrauは断然拒否派である事をブログに書いたけど、私もputzfrauを雇おうか、と弱気になったある日、介護で使われるお掃除ロボットの記事を新聞で読み、「その手があったか!」と即決。

しかし、いざ購入となると、どの機種にしようか、日本とドイツで売られているiRobotの性能を比較したり、Roombaではなくて、水拭きしてくれるScoobaの方が魅力的に思えてきたりで、なかなか決まらない。そして、YouTubeでいろいろな人のテスト映像をみて、ロボットでの限界やデメリットを確認した上で、それっ!とRoomba 780に決めました。理由は、『ライトハウス機能』があった方がいいかな、と思った事くらい。

結果発表(一般的に言われている事以外の、素朴な感想のみ)♪

メリット:
・想像していたよりも、床がきれいになる。水拭きしたかのように、素足にも気持ちがよい。
・想像していたよりも賢く、ライトハウス機能なしで、リビング→長い廊下→キッチン→玄関をくまなく回った(次はライトハウス機能を使って、寝室とバスルームも回らせてみる予定)。
・他人のレビューより、黒い床では使えないと書いてあり、我が家のバスルームは黒地のタイルなのでダメかもと心配していたら、何の問題もなかった。

デメリット:
・思っていたよりも、コードに弱い(細い1本でもエラーになる寸前)。
・机の下のスペースに挟まり(厚み察知が下手?)、エラーが起きた。
・時間がかかるので、外出中に掃除させるのがよい。

ちなみに、娘の教育上、お掃除ロボットはどうなのかわかりませんが、、、今はただ、動き回る光る物体に逃げ回る娘です。