2012年5月14日月曜日

パパだいすき!


今朝の娘の第一声は、「パパだいすきーー(大きな声で)」。思わず聞き間違えたかと思いました。いつもは「ママー」か「パパー」。

呼んだ後、隣の部屋で私達が「XX~(娘の名前)」と呼び返すと、タッタッタッと私達のベットまでやって来ます。朝、娘から起きた際、私達が娘をベットまで迎えに行くよりも、娘が来た方が断然楽(笑)。特に、娘は夫と同様、寝起きが非常によく、起きた瞬間から通常モード。1分前まで寝ていたなんて事をこれっぽっちも感じさせない、目バチッ→1秒後→ムクッ(起き上がる)→タッタッタッなので、ベットの柵を3本取って、自分で好きなように乗り降りができるようにしたのは◎でした(柵を取ってから1週間くらいは、寝かしつけの際にもベットから降りてきては、寝たふりをしているママの顔を触ったり、チュッしたり、傍に置いてあるおもちゃで遊び始めたりを繰り返して困ったけど)。

柵を取るまでは、歌を歌ったり、ベットに立ってパパ&ママを呼んだり、それはそれでよかったけれど、このくらいの月齢になると朝からパワー全開なので、元気に駆け回ってパパとママのベットに飛び込んでくるのも楽しそうです。そんな姿を見てパパ&ママも朝から癒されるし、今日も元気そうでよかったと、同時に娘の体調チェックもできてしまいます☆

パパ大好きーの話のつづきですが、その後ダイパーを替える時も「パパだいすき(日本語)」を2度繰り返し、びーっくりしてしまった私。思わず「ママは?」と聞き返すも、にやりとするだけ。

週末は1日中パパと遊んでいるので、パパ大好きに拍車がかかるのです。今の所、大好きの量が決まっているのか、パパが大好きになると、ママ人気がひゅ~と落ちて行く気が。

娘はその後、パパに直接「パパだいすき」と言っていたようだけど、あいにくパパには通じず(赤ちゃん言葉なので、ようく聞いていないとわからない)、その後ママの方に戻って来た時、ママにも「ママだいすき」と言ってくれました。

「パパだいすき」がやっとわかったパパもすごくうれしそう♡ママもものすごくうれしかった♥

それにしても突然だいすき、だなんてびっくり。毎日言ってるわけでもないのに(夫には久しく言ってない)。しかも、今朝の第一声とは。


写真はクリームパン。今日はBIO Dinkel粉100%で作ってみたけど、成形の時は生地がテロテロで扱いにくい上(打ち粉がたくさん必要)、強力粉(550)よりも固い仕上がりに。

たまに食べる菓子パンくらい、健康仕様にしなくてもいいのに。ついつい健康オタクの血が、、