2012年4月4日水曜日

ギリシャ食材

塩気が強い食べ物はあまり好きではないので、たっま〜にですが、ヴィクトアリアンマーケットで買ったギリシャ食材を夕食にしたりします。夕飯を何にしようか思い浮かばなかったりした時に。
ギリシャのふかふかパンは、こんなに大きくて1ユーロ。毎回買う度に驚いてしまう。物価の優等生だね(って表現古過ぎ!)。 あと何年、1ユーロで買えるかしら!
他には、フムスとアーティチョーク入りのディップの2種、お米のぶどう葉包み、香辛料漬けの黒緑オリーブ、ラム肉のソーセージを購入。

ディップはパプリカだったり、ほうれん草だったり、と今までもいろいろと試したけれど、やはりフムスが一番おいしい(塩気が強くない所もgood)。ラム肉のソーセージは、コクがあって豚肉よりも好きです(だけど、1本約1ユーロはちょっと高いな)。

これだと塩っ辛いので、いつもは大量のサラダを合わせたりします。でも今日は残り物のFETAチーズ入りほうれん草カレーのみ。でも、この微妙に余ったインドカレーを消費したくて、今日はギリシャ料理にしたのに、ちっとも合わなかった!

ちなみに、ドイツはトルコ人の人口が非常に多いので、ミュンヘンではトルコ食材があちこちで買えるのですが、☝で買った全く同じものが、トルコ食材店でも買えます・・・って事は、ギリシャ料理とトルコ料理の違いって何だろう(インド料理とは味が似てないって事はよくわかったけどね)?